アフィリエイトの専門用語から俗語まで分かりやすく解説

アフィリエイト用語集

い行

インプレッション(impression)

投稿日:

意味広告が表示された回数。

サイトに掲載されたアフィリエイト広告の表示回数のこと。

インプレッションはASPの管理画面で確認できる。

インプレッションが高くてもクリックされなければ意味がない

インプレッション(表示回数)が高ければ発生数も高くなる傾向にあるが、
いくらインプレッションが高くても、クリックされなければ売り上げにはつながらない。
よって重要視するのは「クリック率」。

クリック率の計算方法

クリック数÷インプレッション数×100=クリック率

例えば、インプレッション数が100でクリック数が50の場合は
50÷100×100=50
クリック率は50%となる。

クリック率を意識してサイトを作る

サイトを訪れたユーザーがいかに広告をクリックしたくなるか導線を考えたサイト構成、ライティングを意識することが基本。
ただこの辺りはアフィリエイターによって考え方や手法が異なる。
ともかくアクセス数を集めてクリック率を上げる方法(「数の暴力」と言われる)をとるアフィリエイターもいれば、深い悩みなどに寄り添う記事でアクセスが少なくともクリック率が高いサイトを作るアフィリエイターもいる。

インプレッションまとめ

インプレッション数は高ければ高いほど良い。
インプレッションだけではなくクリック数も把握しておいた方が良い。

-い行

Copyright© アフィリエイト用語集 , 2021 All Rights Reserved.