アフィリエイトの専門用語から俗語まで分かりやすく解説

アフィリエイト用語集

あ行

アフィンガー(AFFINGER)

投稿日:

分類ワードプレスのテーマ。

アフィリエイトでよく使われるワードプレスのテーマ。

もともとは無料で配布していたが、現在は有料。(14,800円)

名前も「WING(ウイング)」となっている。

運営者はENJI氏(ツイッター@ENJILOG

アフィリエイトサイトとして愛用される理由

開発者であるENJI氏自身がアフィリエイターとして知名度があること、無料で配布していたことから人気が高いテーマとなった。

「稼ぐに特化したテーマ」としてSEO効果があるというのが売り。

細かいことにも対応

ユーザーの細かい要望にもすぐ対応するので、アップデートの回数が多いことが特徴。

ツイッターに公式キャラの「ステ子(@WPSTINGER)」がおり、ツイッターでアフィンガーについてつぶやくとすぐに反応がある。

機能が多彩

アップデートする度に機能が追加されているので、機能がとても多い。

独自の管理画面で細かいカスタマイズができるところ、吹き出しやボックスなどがすぐに入れられて記事が書きやすいところなどが人気。

見栄えが良い

ぱっと見、見栄えが良いサイトが短時間で作れるところも普及した大きな理由である。

デザインが簡単にできるのはアフィリエイターとしてありがたい。

アフィンガーの歴史

まずSTINGER(スティンガー)が誕生。

次にランキング機能がついたAFFINGER(アフィンガー)が登場。

企業サイト用のmikata(ミカタ)も登場。

現在はSTINGERとAFFINGERともにWINGという名称になっている。

公式サイトは樹海と呼ばれる

公式サイトがとても分かりづらいところも特徴の一つ。

「なかなか販売ページまでたどり着けない」という意見が多い。

独自のプラグインも多彩で、全部使うとキリがないほど種類が豊富。

各アフィリエイターは自分に必要な物だけを選んで活用している。

もちろんデフォルトのままでも十分。

-あ行
-

Copyright© アフィリエイト用語集 , 2021 All Rights Reserved.