アフィリエイトの専門用語から俗語まで分かりやすく解説

アフィリエイト用語集

あ行

アフィリエイター(affiliater)

投稿日:

意味アフィリエイトで収入を得ている人のこと

自身のサイトやブログ、SNSなどの媒体などを使い、アフィリエイト報酬を得ている物をアフィリエイターと言う。

侮蔑の意味で「アフィカス」などとも呼ばれる。

アフィリエイターの種類

アフィリエイターには「兼業」と「専業」の2種類がある。

  • 兼業・・・会社員や他の事業を持っているなどアフィリエイト以外の収入もある人
  • 専業・・・アフィリエイト収入だけで生活している人

アフィリエイトは会社員が副業として始めるパターンが多い。

副業として始めて、大きく安定して稼げるようになってから専業アフィリエイターへと転身する人が多く見られる。

日本では公務員以外は原則として副業が認められていることもあり、今後ともアフィリエイターの数は増えると予測されている。

専業アフィリエイター場合は開業届けが必要

アフィリエイトを本業にしている場合は、開業届けを出す必要がある。

事業として申告し、税金を納める義務が出てくるからである。

開業するには税務署に「開業届け」と「青色申告の申請書」を提出すればOK。

なお、兼業アフィリエイターで、副業の所得として年20万以下の収入であれば確定申告の必要はない。

アフィリエイターの法人化

月7桁(100万)の維持、または年収が1,000万円を超えたあたりで法人化するアフィリエイターが多い。

これは節税対策が主な理由である。

法人化すると所得税など税金の額が大きく異なってくる。

また、役員報酬が経費に含められるなどのメリットがある。

確定申告をすると色々なものが経費となる

確定申告(税金を支払う手続き)をすると色々なものが経費として認められる。

経費が多ければ多いほど税金が少なくなるので、事業主は色々な物を事業に結びつけて経費としている。

アフィリエイターの場合はレビューに使用する商品や記事作成にかかった旅費、セミナー代など。

具体的に経費となるもの

  • 自宅が仕事場の場合は家賃や光熱費の一部
  • パソコン関係の費用
  • 撮影用のカメラ機材
  • インターネットやスマホの代金
  • セミナー代
  • 書籍代
  • レビューに必要な商品の代金

などなど・・・

詳しくは税理士事務所で相談するのがベスト。

事業内容はアフィリエイトではなくメディア運営

開業届けを出す時に「事業内容」を書く欄があるが、アフィリエイターが「アフィリエイト」と書くことはまずない。

世間一般的に認知度が低いこともあるが、社会的地位の低さを気にしてのことだと思われる。

主に「メディア運営」「webコンテンツ制作」「デザイン事業」「執筆業」などといった内容で申請される。

名刺に「アフィリエイター」と書いている人も見当たらない。

アフィカスと呼ばれる理由

主にインターネットで「アフィカス」などと呼ばれることがあるが、これはパチンカスと同様の侮蔑用語。

パチンカスとは、パチンコ(パチスロ)依存症者に対する蔑称。

アフィカスは2ちゃんねるなどの掲示板のネタを無断で転載したまとめブログを運営し、アフィリエイト広告を貼って報酬を得ている人のことを指す。

自分では何も生み出さず、他人の情報(掲示板のコメントなど)をただひたすらに集めてPV(アクセス数)を上げて報酬を得るという行為を批判した言葉。

アフィリエイターとブロガーの違い

アフィリエイターもブロガーもやっていることはさほど違いはない。

どちらも自分のサイトやブログに企業の広告を貼り報酬を得ている。

その違いを強いて言えば、下記のようになる。

アフィリエイター

自分を出さずASPメインで稼ぐことに注力している。

なので、特化型サイトやレビューサイトなどを運営している人が多い。

ブロガー

自分を全面に出し、ファンを作って収益に繋げている。Googleアドセンスを収益のメインにしている場合が多い。

雑記ブログの運営やオンラインサロン運営をしている人が多い。

しかし現在どちらも行っている人も増えており、双方の垣根は曖昧である。

アフィリエイターの集い

ネット上ではツイッターでの情報交換が盛んである。

アフィリエイターが集うツイッターは通称「谷」と呼ばれている。

(2ちゃんねるでも谷のスレッドが立っている)

リアルでの交流もあり、2015年には「アフィロック」というアフィリエイター有志による大規模なイベントがさいたまスーパーアリーナで開催された。

続いて札幌ナイト、とんこつナイト、名古屋ナイト、大阪ナイトなど各地での交流会も開催された。

地域の集いも盛んである

各県で定期的に交流会を開いている会もある。

愛知県では「愛知会」という会があり、セミナーやラジオ配信、交流会など盛んに行われている。

(現在、愛知会は新規加入者を受け入れていない)

普段の交流方法としてはchatworkやSlackがメインに使われている。

chatwork・Slackはビジネス用のチャットツール。

オンラインで多人数でのやり取りができる。

タスク管理や複数人での情報共有ができて便利。無料。

その他、仲の良いグループや個々で作業会をしたり飲み会などで情報交換したりと交流の場は多くある。

アフィリエイターまとめ

アフィリエイターは事業として成り立つ職業ではあるが、一般の認識度や社会的地位が低く「アフィリエイター」を名乗る人は少ない。

しかし副業が盛んになってきた現在ではその数はますます増えると予測されている。

-あ行

Copyright© アフィリエイト用語集 , 2021 All Rights Reserved.